左手の使い方

あなたの左手はこんな風になっていませんか?

薬指や小指を動かすのが得意な人は少ないと思います。「動かしにくいし、力も入れにくいから。人差し指と中指で何とかなる。」こういう方、実はベーシストだけじゃなく、ギタリストにも多くいます。しかし、これは弦楽器としては致命的です。

左手の人差し指と中指の2本だけで弦を押さえる。すると、音に切れ目が出来たり、リズムが安定しなかったり、様々な所で挫折しやすくなります。

原則は1フレット1フィンガー

これが正しい左手のフォームです。何故、この様なフォームがいいのでしょうか。それは・・・

弾いてない指は次を考える

左手の人差し指~小指を含めた4本で弦を押さえる。すると音の切れ目を最小に出来ます。例えば、写真の様に中指が押さえているフレットで、音を出しているとします。次は中指から少し遠い小指が近いフレットで、音を出したい。中指を移動させると時間がかかります。この時、小指がいつでも押さえられる様に準備しておくのです。

これがリズムと音の長さの安定感を生みます。これはベーシストにとって一番大切な事で、必須の左手の使い方です。服部浩章ベース教室ではこういう押さえ方が出来る様に優しく指導しています。写真を見ていると、難しい様に見えるかもしれません。しかし、生徒の皆さんは意外と早くマスターしています。

写真だけではわかりにくい方は、動画もありますので、「動画でわかる基礎」もご覧下さい。