小指が上手く使えない

小指が器用に動かない。
だから小指を上手く使えないし、上手く弾けない。と言う事ではありません。

「小指を動かすのが得意です!」
と言う人は殆どいません。

ですから、独学で弾いていると当然、小指を使わなくなります。
また、手の大きい人はそれでも何とか弾けてしまったりします。

しかし、ここに落とし穴があります。
何とか弾けている人は、突然どうしても上手く弾けない曲が出てきます。

何故でしょうか。それは、
「左手は4本の指をいかにバランスよく使えるか」
が極意だからです。
小指を使わない3本では限界が見えてきます。

では、小指を上手く使う為にはどうしたらいいのでしょうか。
小指を正確に素早く移動させる血のにじむような努力が必要なわけではありません。

次に抑える弦の真上に小指を準備する「綺麗なフォーム」で弾く練習が大事なのです。

服部浩章ベース教室のレッスンでは、経験者でも、初心者でも、ここを一番最初に徹底的にやります。
わかりやすく変化が出て上達していくのが目に見えてわかるからです。
数週間(つまり数回)のレッスンで上達が実感できます。

「綺麗なフォーム」を是非目指して弾いてみて下さい。
これについては動画、画像での説明をしておりますので、下記を見て下さい。

動画レッスン、左手のフォームをキレイにする秘訣

写真で解説、左手の使い方