手が小さいと上達は遅い?

初心者の生徒から聞かれる質問で多いのが
「手が小さいんですけど押さえられますか?」
「手が小さいから押さえられないし、早く上手くはなれないのでは?」
「自分より手が大きい人は、早く上手くなってる気がするんだけど?」
などです。

ベースは手の大きさで上達は遅くなりません

こう私が断言しても、実際にはギターやベースなどで
「手が小さいから音が出なくて挫折した。」
と言う方もいるとは思います。
しかし、私の経験上、手の大きい人もちゃんと押さえられず音が出せず、
挫折している人が多数です。
問題は、手が小さいから指が届かないんではなく、指が届かないフォームで弾いているのが問題です。

手の大きさではなく、問題は左手のフォーム

実際に、手の小さい人は綺麗なフォームでしか弾けない為、習得が早い場合が多いです。
つまり、手の大きい人は習得しなくても弾けてしまう為、逆に習得が遅くなる事があるのです。

ではどうしたら習得出来るのでしょうか。
教室に来て貰う事が一番ですが、左手のフォーム、使い方については、動画と写真でも解説しておりますので、参考にして下さい。

動画レッスン、左手のフォームをキレイにする秘訣

写真で解説、左手の使い方



Twitter

Facebook

Ameba blog

音楽教室検索

学(まなび)の発見ポータル

音楽リンク SkyFantasy:音楽ホームページのリンク集です。

音楽教室検索 せんせいさーち